ワイヤー矯正中のメンテナンス方法は?

query_builder 2024/03/03
コラム
52

ワイヤー矯正中は歯が磨きにくくなるので、特に歯のメンテナンスに気を遣う必要があります。
そこで今回はワイヤー矯正中のメンテナンス方法について解説していきたいと思います。

▼ワイヤー矯正中の注意点
ワイヤー矯正中は歯の表面にブラケットという小さな装置が付き、そのプラケットにワイヤーが通っています。
ワイヤーやブラケットは凹凸があるので、どうしても磨き残しやすくなってしまいます。
磨き残しがあると細菌の固まりであるプラークが発生し、虫歯や歯周病を起こしやすくなりますよ。
そこで丁寧なメンテナンスが必要になるのです。

▼ワイヤー矯正中のメンテナンス方法(歯磨き方法)
ワイヤー矯正中はプラークが溜まりやすい場所を丁寧に磨く必要があります。
次のようにメンテナンスを行ないましょう。

・ブラケットを中心に、歯の上下を分けて磨く
・矯正装置と歯の間は、歯ブラシを斜めに当てる
・歯と歯の間、歯とワイヤーの間は、かき出すように磨く

ヘッドがコンパクトなブラシやワンタフトブラシ、矯正専用のデンタルフロスを使い、磨き残しがないようにしましょう。
ちなみにクリニックによって矯正中の歯磨きの方法は異なります。
通院中のクリニックでブラッシングの指導を受けてくださいね。

▼まとめ
ワイヤー矯正中は丁寧なメンテナンスが必要、ということは覚えておきましょう。
インプラントやマウスピース矯正・ホワイトニング・矯正治療をお考えのかたは、東京港区にある「エミルデンタルクリニック芝」までぜひお気軽にお越しください。

記事検索

NEW

  • インプラント

    query_builder 2022/07/29
  • ワイヤー矯正の費用はいくら?

    query_builder 2024/05/03
  • ワイヤー矯正の治療期間はどのくらい?

    query_builder 2024/04/05
  • ワイヤー矯正中のメンテナンス方法は?

    query_builder 2024/03/03
  • ワイヤー矯正のメリット・デメリットを解説

    query_builder 2024/02/01

CATEGORY

ARCHIVE