ワイヤー矯正のメリット・デメリットを解説

query_builder 2024/02/01
コラム
51

「ワイヤー矯正をしたい」とお考えのかたはいませんか?
今回の記事ではワイヤー矯正のメリットやデメリットを解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

▼ワイヤー矯正とは
ワイヤー矯正とは、ブラケットと呼ばれる装置を歯に装着する歯列矯正法です。
ブラケットにワイヤーを装着して、ワイヤーの弾性力を歯に伝えます。

▼ワイヤー矯正のメリット
ワイヤー矯正には次のようなメリットがあります。

■取り外す手間がかからない
ワイヤー矯正は常に装着できるので、マウスピースのように取り外す手間がかかりません。

■歯の移動速度が速い
ワイヤー矯正は歯の移動速度が速いので、治療期間を短縮できます。

■歯を柔軟に移動できる
歯を色々な方向に、3mm以上動かすことも可能です。
マウスピースよりも大きく歯を動かせます。

▼ワイヤー矯正のデメリット
ワイヤー矯正にはデメリットもあります。

■目立つ
常に装着しているので他人から矯正していることが分かります。
裏側から矯正するケースもありますが、難易度が高いので一般的ではありません。

■痛みがある
装着後1~2日は強い痛みを感じます。
1週間もすると徐々に痛みはなくなってきます。
また装置が当たって口内炎ができることもあります。

■歯が磨きにくい
装置をずっと付けているので食べ物が詰まりやすくなり、歯が磨きにくいです。

▼まとめ
ワイヤー矯正にはメリットだけでなくデメリットもあるので、事前に確認しておくと安心です。
東京港区にある「エミルデンタルクリニック芝」では、インプラントやマウスピース矯正・ホワイトニング・矯正治療を行なっております。
ワイヤー矯正も可能ですので、まずは一度ご相談ください。

記事検索

NEW

  • インプラント

    query_builder 2022/07/29
  • ワイヤー矯正の治療期間はどのくらい?

    query_builder 2024/04/05
  • ワイヤー矯正中のメンテナンス方法は?

    query_builder 2024/03/03
  • ワイヤー矯正のメリット・デメリットを解説

    query_builder 2024/02/01
  • ミニマルインターベンション(M.I.)とは?

    query_builder 2024/01/02

CATEGORY

ARCHIVE