ミニマルインターベンション(M.I.)とは?

query_builder 2024/01/02
コラム
50

「虫歯の治療をしたいのだけど、歯の神経を抜かれないか心配…」というかたは多いのではないでしょうか。
そんなかたにおすすめの治療法が「ミニマルインターベンション(M.I.)」です。
今回の記事ではミニマルインターベンション(M.I.)とは何か、ということを解説していきます。

▼ミニマルインターベンションとは
ミニマルインターベンションとは、歯の犠牲を最小限に抑えた治療法です。
できるだけ神経を取らずに歯の寿命を長くすることを重視します。
この治療法は21世紀に入ってから世界の歯科に広まりました。

▼従来の治療法との違い
従来の治療法では虫歯や虫歯周辺の歯質を除去するのが一般的でした。
しかしこの方法では虫歯が深い場合は神経を取り除く必要があり、生まれ持った歯の大部分を失うことになってしまいます。
そこで生まれ持った歯をできる限り残せるミニマルインターベンションの出番です。

ミニマルインターベンションではコンポジットレジン(白い詰め物)を使います。
金属の詰め物を使わなくて良いので、歯を大きく削る必要はなくなりました。
コンポジットレジンの接着性が進歩して歯に良く接着するようになったことも、ミニマルインターベンションが可能となった理由の1つです。

▼まとめ
歯の犠牲を最小限に抑えられるミニマルインターベンション。
従来の治療法よりも歯の寿命を長くできますよ。
東京港区にある「エミルデンタルクリニック芝」ではインプラントやマウスピース矯正・ホワイトニング・矯正治療を行なっております。
天然歯を大事にする治療が好評ですので、ぜひお気軽にご予約ください。

記事検索

NEW

  • インプラント

    query_builder 2022/07/29
  • ワイヤー矯正の治療期間はどのくらい?

    query_builder 2024/04/05
  • ワイヤー矯正中のメンテナンス方法は?

    query_builder 2024/03/03
  • ワイヤー矯正のメリット・デメリットを解説

    query_builder 2024/02/01
  • ミニマルインターベンション(M.I.)とは?

    query_builder 2024/01/02

CATEGORY

ARCHIVE