ノンクラスプデンチャーとは?

query_builder 2023/01/08
コラム
30

ノンクラスプデンチャーとは何か、ご存じですか。
自費治療で選択できる入れ歯のひとつです。
これから入れ歯を検討されている方は、知っておくと良いでしょう。
そこで今回は、ノンクラスプデンチャーについて解説いたします。

▼ノンクラスプデンチャーとは?
ノンは「無い」、クラスプは「残っている歯に入れ歯を固定する金属の留め金」、デンチャーは「入れ歯」を意味しています。
つまり、金属が使われていない入れ歯のことを「ノンクラスプデンチャー」と言います。
ポリエステル系やナイロン系などの樹脂で作られており、軽くて薄く加工できます。

▼ノンクラスプデンチャーの特徴
以下の特徴が挙げられます。

■アレルギーがあっても使用可能
通常の入れ歯は金属が使われているため、金属アレルギーがある方は使用できない場合があります。
しかし、ノンクラスプデンチャーは金属部分がないため、アレルギーのある方も安心して使用できます。

■目立たない
金属部分がなく、歯肉に合わせた色合いの樹脂で作られているため、入れ歯が目立ちません。
前歯など、よく見える部分に使用しても安心です。

■つけ心地が良い
金属が使われている入れ歯よりも、外れたりずれたりすることが少なく、つけ心地が良いと言えます。
薄くて安定感があるので、食事のときに違和感を感じにくいのです。

▼まとめ
ノンクラスプデンチャーは、金属を使っていない入れ歯のことです。
金属アレルギーがある方も使用でき、軽くて薄いので、つけ心地の良さが特徴です。
歯肉に合わせた色合いの樹脂で作られているので、目立ちにくく前歯でも安心して使えますよ。
エミルデンタルクリニック芝では、徹底した衛生管理と、充実した機器の整備に力を入れています。

記事検索

NEW

  • インプラント

    query_builder 2022/07/29
  • 嚙み合わせを改善させる方法は?

    query_builder 2024/07/02
  • ワイヤー矯正の流れは?

    query_builder 2024/06/01
  • ワイヤー矯正の費用はいくら?

    query_builder 2024/05/03
  • ワイヤー矯正の治療期間はどのくらい?

    query_builder 2024/04/05

CATEGORY

ARCHIVE