インレーとクラウンの違いとは?

query_builder 2022/10/01
コラム
17

インプラントをご検討中の方は、インレーとクラウンという言葉を耳にしたこともあるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、インレーとクラウンの違いをご紹介します。

▼インレーとクラウンの違いとは?
インレーは詰め物、クラウンは被せ物という意味です。
インレーは歯を削る部分が少なくて済む場合に使用し、削る部分が広範囲にわたる場合はクラウンを使用します。
続いて、インレーとクラウンに使われる素材のメリットをご紹介します。

▼インレーとクラウンに使われる素材のメリットとは?
■セラミック素材
セラミック素材のインレーやクラウンを選べば、金属アレルギーを起こす心配もなく安心です。

セラミックインレーやセラミッククラウンは、審美性に優れています。
金属の詰め物や被せ物を使うと一目見てわかってしまいます。
一方で、セラミック素材のものは自然な色調にすることができるため、違和感がありません。

■二酸化ジルコニウム素材
二酸化ジルコニウム素材のインレーやクラウンを、ジルコニアインレーやジルコニアクラウンと呼びます。
セラミックよりはやや見た目が劣りますが、天然の歯のように自然でセラミック素材のものよりも強度が高いのが特徴です。
歯ぎしりや食いしばりがある方でも、インプラントを壊す心配がありません。

▼まとめ
インレーとクラウンは、意味や用途が違います。
インレーは詰め物、クラウンは被せ物を指します。
また使用される素材ごとのメリットも異なります。

インレーとクラウンの違いや素材ごとのメリットを知り、ご自身の状況や予算に合ったものを選ぶことが重要です。
当院では、セラミックとジルコニア両方のインレーとクラウンを取り扱っております。
気になる方はぜひ1度ご相談ください。

記事検索

NEW

  • インプラント

    query_builder 2022/07/29
  • ワイヤー矯正の費用はいくら?

    query_builder 2024/05/03
  • ワイヤー矯正の治療期間はどのくらい?

    query_builder 2024/04/05
  • ワイヤー矯正中のメンテナンス方法は?

    query_builder 2024/03/03
  • ワイヤー矯正のメリット・デメリットを解説

    query_builder 2024/02/01

CATEGORY

ARCHIVE