インプラントの寿命を縮める要因とは?

query_builder 2022/09/09
コラム
11

「インプラントはどのくらい持つの?」と気になる方も多いのではないでしょうか。
それには、インプラントの寿命について知るのが一番です。
そこで今回は、インプラントの寿命を縮める要因について解説いたします。

▼インプラントの寿命を縮める要因とは?
本来は寿命の長い治療法と言えるインプラントですが、さまざまなトラブルが寿命を縮めてしまいます。
さっそく具体的に見ていきましょう。

■インプラント周囲炎
インプラント周囲炎は「プラーク」と呼ばれる歯垢を原因とする細菌感染です。
いわゆる歯周病のことで、インプラントの歯根を埋め込んだ周囲の骨を溶かしてしまいます。

■不十分な治療技術
昨今、多くの歯科医院やデンタルクリニックがインプラントを手がけています。
ただインプラントの手術には高度な技術が求められるため、治療技術によって寿命に差が生じることがあります。
インプラントを受ける際は、これまでの実績や歯科医師の技術を確認しておくことが重要です。

■メンテナンスの不足
インプラントを行った後は、日々のブラッシングが寿命を長持ちさせる大きなポイントです。
さらに、歯科医師によるメンテナンスも欠かせません。
歯科医師はブラッシングでは取り除けない歯垢の除去や、噛み合わせのチェックを行います。
一定のスパンでデンタルクリニックで定期検診を受けることによって、インプラントの寿命を延ばすことができるでしょう。

▼まとめ
長寿命とされるインプラントも、インプラント周囲炎の発症や治療の技術によって寿命が変わります。
さらに、インプラント後のメンテナンスも寿命に大きく関わると言えるでしょう。

インプラントを受ける際は、これらの要素を総合的に考えて決める必要があります。
港区にある当院では、最新のインプラント治療を行っております。
メンテナンスにも力を入れておりますので、お気軽にご相談ください。

記事検索

NEW

  • インプラント

    query_builder 2022/07/29
  • セラミックとジルコニアの違いについてご紹介

    query_builder 2022/11/22
  • ジルコニアのメリットについて解説

    query_builder 2022/11/15
  • サイナスリフトとソケットリフトの違いについて解説

    query_builder 2022/11/08
  • ガムピーリングの流れについてご紹介

    query_builder 2022/11/01

CATEGORY

ARCHIVE